iPadでBlu-ray(ブルーレイ)を再生する方法

Blu-rayをiPadでiPadは、通常のスマホ(iPhoneも含め)より、スクリーンが大きくて、より高解像度でムービーを見られます。それに、バッテリー駆動時間も長くて、連続で2~4本のムービーの連続再生も可能です。家庭用ビデオほどではないですが、ビデオで敵わないところは、そのiPadの便利さです。どこへ行っても自由にムービーを鑑賞できます。

科学技術の進歩と伴い、昔のDVDでは、人々のエンタメに満たせません。そのゆえ、DVDより高解像度、高音質のBlu-ray(ブルーレイ)が作られました。「iPadでもブルーレイの再生できますか」と質問する人も多くて、果たしてiPadはブルーレイディスクを再生できますか。本文は、iPadでブルーレイを再生するいくつかの方法をまとめて説明します。また、DVDFab Blu-rayリッピングを利用して、簡単に市販・レンタルのブルーレイをiPad用のMP4という動画形式に変換して、iPadでも楽にブルーレイ映画を楽しめます。


目次

1.iPad用の外付けブルーレイドライブ?
2.リモートデスクトップでiPadにブルーレイ再生
3.ブルーレイのデータをiPadに取り込み
4.25% OFF割引でDVDFab Blu-rayリッピングを購入


iPad用の外付けブルーレイドライブ?

前回は、DVDをiPhoneに取り込む方法(iPadも利用可能)を紹介しました。外付けのDVDドライブと接続して、簡単にDVDをiPhone/iPadで再生しました。今回は、iPad用の外付けのブルーレイドライブを検索してみれば?

まずは、楽天から検索して:
楽天 iPad用外付けのブルーレイドライブ

予想と違った検索結果ばかりです。それでは、アマゾンにも検索してみて:
アマゾン iPad用外付けのブルーレイレコーダー

当てはまる商品だと思って、結局iPadで使えないものです。
iPad用外付けのブルーレイレコーダーはない

ほかのサイトも調べたその結果は、「現在、iPad用の外付けのブルーレイレコーダーはありません」。つまり、外付けのブルーレイドライブを利用して、iPadでブルーレイを再生するのが無理です。それでは、ほかの方法を紹介します。


リモートデスクトップでiPadにブルーレイ再生

リモート、つまり「遠隔」という意味です。パソコンをiPadでリモートアクセスすれば、外にいても、インターネット(WIFI/モバイルデータ)でパソコンを操作できて、パソコンの画面もそのままiPadに映します。簡単に言えば、パソコン側からブルーレイを再生、その再生画面の出力側はiPadです。リモートの設定は少々ややこしいですが、iPadでBlu-rayの再生ができるのも事実です。

おすすめのリモートアプリは「Microsoft Remote Desktop」と「Chrome リモートデスクトップ」この二つです。ほかのリモートデスクトップも使えます。ここでは、「Microsoft Remote Desktop」を例にして説明します。

注意:Windows10 Homeで、「Microsoft Remote Desktop」が使えませんのでご注意ください。また、ここの説明は極まりない簡単ですから、詳しい説明はMicrosoft公式サイトにご参照ください。

Windows側の設定

「コントロールパネル」の「検索バー」に、「リモート」を入力して、ふさわしい項目が出ます。
Win10 リモート設定

ここで、「リモートデスクトップを有効にする」ボタンを「オン」にします。そして、ユーザー名、コンピューター名などもここで設定します。

Win10 リモート設定

iPad側の設定

アプリ「Microsoft Remote Desktop」をインストールして、「右上にある『+』」→「デスクトップ」→「PC名・ユーザーアカウント・追加オプションの入力」→「接続」→「ユーザー名とパスワードの入力」→「接続成功」
iPad リモートでブルーレイを再生

そして、Windowsのデスクトップが無事に表示されます。iPadから遠隔操作で、パソコンに再生しているブルーレイディスクの画面が、iPadに表示されるとなります。
iPad リモートでブルーレイを再生

このリモートデスクトップを利用して、外にいても、iPadでブルーレイを再生できるようにします。しかし、いくつかの欠点もあります。

  • ネットがなければ再生できない
  • パソコン素人にとって設定のハードル高すぎ
  • ブルーレイディスクであれば、一つのムービーしかリモートで再生できない
  • ネットの状況によって、画質と音質が下げる可能性もある

もっと簡単なiPadでBlu-ray再生方法はありますか?次は、業界最強と言われるBlu-ray変換ソフト – DVDFab Blu-rayリッピングを紹介します。


ブルーレイのデータをiPadに取り込み

Blu-ray変換ソフトを利用すれば、ブルーレイディスクにあるムービーをiPad向けのMP4動画に変換して、例え電波が届かない場ところでも、自由にiPadでBlu-rayを鑑賞できます。しかし、市販・レンタルのブルーレイディスクに、強力な保護がかかっています。通常の変換ソフトなら、自作の暗号化なしのブルーレイディスクしかMP4に変換できません。ここでは、業界最強のブルーレイ変換ソフト – DVDFab Blu-rayリッピングを紹介します。

DVDFab DVD/BDリッピングDVDFab Blu-rayリッピングは、市販・レンタルのブルーレイディスクまたはそのISOイメージファイルを、暗号化を解除しながら、MP4/AVI/FLV/MKVなど形式に変換するリッピングソフトです。特にiPhone/iPad/Androidなど各端末に最適な動画変換プロファイル(初期設定)も用意しました。出力したファイルは既に最適化なので、そのまま直接にiPadに転送して、どこへ行っても自由自在にブルーレイディスクが再生できます。

DVDFab Blu-rayリッピングは複雑な設定など一切ありませんので、パソコンに慣れない人も利用できます。それでは、DVDFab Blu-ray Ripperを利用して、ブルーレイディスクをMP4に変換して、iPadでブルーレイを再生する方法を説明します。

ステップ1:ブルーレイディスクの読み込み
ソフトを起動して、自動的に挿入されたディスクを読み込みます。読み込みには少々時間がかかりますので、しばらくお待ちください。また、万が一の場合、自動ロードされない時、中央に大きな「+」マークで手動にディスクを選択してください。
DVDFab Blu-rayリッピング インタフェース
ステップ2:出力形式の選択
左上に、出力形式は選択できます。利用できる形式は動画だけではなく、音声ファイルとして出力も可能です。iPadでブルーレイを再生するには、MP4のほうが適切だと思います。
DVDFab Blu-rayリッピング MP4を選択
ステップ3:リッピング開始
すべての設定をチェックしたら、右下に「開始」を押せば、ブルーレイディスクはMP4に変換します。

ステップ4:変換したブルーレイディスクをiPadに転送して再生
変換したファイルは、iTunesでiPadに転送して再生します。これで、どこへ行っても、ムービーの鑑賞も楽ではありませんか。


25% OFF割引でDVDFab Blu-rayリッピングを購入

DVDFab Blu-rayリッピングは強力なブルーレイ変換ソフトです。市販のBlu-rayムービー(3Dムービー含む)から目的のデバイスで再生可能な動画に変換します。出力対応フォーマットは、高画質動画で使用されるH.265を含め、MP4/AVI/FLV/MKV/MP3/M4A/WMAなど幅広くカバーしています。今ここで購入すれば、25% OFFでDVDFab Blu-rayリッピングを購入できます。特にiPadでBlu-rayを再生したい方はぜひお試しください。

DVDFab Blu-rayリッピング

一年ライセンス | 価格:8048円 | 割引:25% | 値引き価格:6036円
永久ライセンス | 価格:14756円 | 割引:25% | 値引き価格:11067円


「iPadでブルーレイ再生」についての紹介はここです。ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です