無料DVDコピーソフトDVD Decrypterの使い方と使えない時の対策

DVD Decrypterは周知の無料のDVDコピーガード解除ソフトであり、市販・レンタルのDVDディスクまたは暗号なしのDVDディスクをDVDフォルダにコピーすることができます。DVD Decrypterが対応可能のDVDコピーガードはCSS、RC(リージョンコード)とRCEなどです。DVDコピーの他に、ISOファイルの読み込みと書き込みも可能です。

ただし、DVD Decrypterの公式サイトは既に2005年6月7日に閉鎖されました。具体的な原因が不明ですが、多くのユーザーはマイクロビジョンからの圧力を推測したことがあります。マイクロビジョンとはRCE保護技術の開発会社であります。

DVD Decrypterの公式サイトをアクセスできませんが、DVD Decrypterのファイルミラーリングサイトであるhttp://www.dvddecrypter.org.uk/ で最終版のV3.5.4.0をダウンロードできます。このサイトからのDVD Decrypterのインターフェースは英語ですが、日本国内のサイトで日本語版をダウンロードできます。随分古いソフトですので、最近のスーパーマルチドライブ、ブルーレイドライブなどには対応していません。また最近のDVD映画リリースに対応しない場合も多いです。下記はDVD Decrypterの起動画面です。
DVD Decrypterのインターフェース
ここではDVD Decrypterの使い方を紹介します。またDVD Decrypterが使えない時の代替のソフトを紹介します。


目次


DVD Decrypterの事前設定

市販・レンタルのDVDディスクをBD・DVDドライブに入れる前に、メニューの「Tools」>「Settings」でDVDコピーガードの解除設定を選択できます。デフォルトの設定で、「General」タブの「Remove Microvision Protection」(マイクロビジョン保護を除去)はチェックされます。RCE Protection Region(RCEリージョン保護)を日本のリージョンコード2に設定する必要があります。
DVD Decrypterの設定:一般タブ

一般にCSSタブのCSS Cracking Method(CSSクラック方法)は「I/O Key Exchange  Brute Force」がチェックされます。うまくコピーできない場合、他の方法を試してコピーできる場合もあります。
DVD Decrypterの設定:一般タブ

一般に、デフォルト設定は最適化した設定です。これらのオプションがわからない場合、デフォルト設定のままで使ったほうがいいです。


DVD DecrypterでDVD映画ディスクのコピー手順

ステップ1:BD・DVDドライブに市販・レンタルのDVD映画ディスクを入れます。追加されたDVD映画ディスクのラベル(label)、リージョン(Region)とコピーガード種類(Copy Protection System Type)などの情報が表示されます。
DVD DecrypterにDVD映画ディスクを追加

ステップ2:Destinationで保存先を選択します。一般にC:\「DVDラベル」¥VIDEO_TSが自動的に作成されます。必要の場合、保存先を変更できます。

ステップ3:DVDコピーを開始するに、Decryptボタンをクリックする必要があります。
DVD DecrypterでDVDのコピーを開始

Decrypteボタンをクリックしたら、DVDコピーガードの解除とDVDフォルダへのコピーが始まります。下記はコピー中の画面です。しばらくお待ちください。
DVD DecrypterでDVDをコピー中

DVDコピーが完了の場合、下記のようなダイアログが表示されます。
DVD DecrypterでDVDコピー完了

ただし、右上の閉じるボタンをクリックすると、下記のようなエラーメッセージが表示されます。OKボタンを数回クリックしてから、プログラムを終了できます。
DVD Decrypterのエラーメッセージ

無料でDVDコピーガードを解除できるのはありがたいですが、時間が経つほど、DVD Decrypterが処理できないDVDディスクも多くなります。特に最近のDVD映画を読み込んだら、入力・出力エラーになってしまう場合が増える一方です。
DVD Decrypterの I/Oエラー

これらのDVDディスクをコピーしようと、どんなにDVD Decrypterを設定しても無駄です。つまり、DVD Decrypterが使えない場合、代替のDVDコピーガード解除ソフトを利用する必要があります。


DVD Decrypterが使えない時の対策1:DVDFab Passkey

DVDFab PasskeyDVDFab PasskeyはBlu-rayコピーガード解除とDVDコピーガード解除を統合して、市販・レンタルのDVD映画のCSS、リージョンコード、RCE、APS、UOPs、ARccOS、RipGuard、レイヤーブレイクなどのコピーガードまたは地上・BSデジタル放送番組の録画DVDのCPRM保護、市販・レンタルのBlu-ray映画のAACS、BD+、リージョンコード、BD-Live、CCIなどのコピーガードを除去できます。DVDコピーガードを解除した場合、DVDFab Passkey自体を利用して、DVDディスクをDVDフォルダとしてハードディスクにコピーしたり、DVD ISOイメージファイルとしてパソコンで保存したりすることが可能です。

更に、DVDFab Passkeyをバックグラウンドで実行している場合、VLCメディアプレーヤー、ImgBurn、Handbrakeなどのフリーソフトを利用しても、市販・レンタルのDVDを再生、コピーと変換することが可能です。他社の有料のDVD再生・コピー・変換ソフトと連携して動作することもか可能です。DVDFab Passkeyは一年50回の更新があって、すぐに最新のDVD映画にも対応できます。
DVDコピーガード解除設定

DVDFab PasskeyはWindows 7、8、8.1とWindows 10で動作できます。最新の様々なDVD・Blu-rayドライブにも対応できます。DVDFab Passkey一本を持てば、あらゆるBlu-ray・DVD映画ディスクを制限なく楽しめます。無料体験版は30日間全機能で使用できます。DVD Decrypterが使えない時、ぜひダウンロードして試してください。DVD映画愛好者はお見逃ししないでください。

一年ライセンス | 価格:8556円 | 割引:25% | 値引き価格:6417円
永久ライセンス | 価格:13541円 | 割引:25% | 値引き価格:10156円


DVD Decrypterが使えない時の対策2:DVDFab DVDコピー

DVDFab DVDコピーDVDFab DVDコピーは20個のモジュールを統合したDVDFabオールインワンのDVDコピーモジュールです。市販・レンタルのDVD映画のCSS、リージョンコード、RCE、APS、UOPs、ARccOS、RipGuard、レイヤーブレイクなどのコピーガードを除去できます。

DVDFab DVDコピーは自作、市販・レンタルのDVDディスクをブランクのDVDディスク(DVD+R/RW、DVD-R/RW、DVD+R DL、DVD-R DLなど)またはパソコンハードドライブのISOイメージとDVDフォルダにコピーできます。また、DVDフォルダとINI、IMG、ISO、NRGなどの入力DVDイメージの書き込みも可能です。

更に、DVDFab DVDコピーはフルディスク、メインムービー、カスタマイズ、分割、結合、クローン・ライティングなど六つの便利なコピーモードを用意しています。DVD映画ディスクのコピー、バックアップ、圧縮、分割と結合などにとても便利です。DVDFab DVDコピーまたはDVDオールインワンも一年50回の更新がありますので、最新のDVD映画ディスクにも簡単に対応できます。クラウドコンピューティングであるCloud Decryption Serviceによって、新たなDVDコピーガード技術もすぐに解読できます。
DVDコピーモードを選択

DVDFab DVDコピーはWindows版とMac版があります。Windows 7、8、8.1とWindows 10または10.10以降のMac OS Xで動作できます。DVDFab DVDコピーはDVDコピーソフトの最高峰と言っても過言ではありません。DVDFab DVDコピーまたはDVDオールインワンも30日間全機能で使えます。DVD Decrypterが使えない時、試さないと損です。更に、MacでDVD Decrypterが使えない問題も解決されます。

DVD映画愛好者なら、DVDFab DVDコピーをお見逃ししないでください。ここで、DVDFab DVDコピーは25% OFFで入手できます。

一年ライセンス | 価格:6808円 | 割引:25% | 値引き価格:5106円
永久ライセンス | 価格:9796円 | 割引:25% | 値引き価格:7347円