VLCで自作・市販・レンタルのブルーレイ映画を再生する方法

VLCメディアプレーヤーBlu-rayオーサリングソフトで作ったBlu-ray映画ディスク、Blu-rayコピーソフトからバックアップしたBlu-ray映画ディスク、または市販・レンタルのBlu-ray映画ディスクをパソコンで再生したい場合、Blu-ray再生ソフトが必要です。VLCメディアプレーヤーは周知の無料Blu-ray再生ソフトとして、暗号化なしのBlu-ray映画ディスクを再生することができますが、AACSコピーガードが付けた市販・レンタルのBlu-ray映画ディスクを再生することができません。VLCメディアプレーヤーはオープンソースから開発されたフリーウェアですから、市販・レンタルのDVDまたはBlu-rayのコピーガードを除去して再生することは禁止されました。

VLCメディアプレーヤーを利用して、市販・レンタルのブルーレイを再生したら、「このブルーレイディスクはAACSの復号ライブラリが必要ですが、あなたのシステムにはインストールされていません」というエラーメッセージが表示されます。ただし、このエラーメッセージもAACSの複合ライブラリをインストールしたら、VLCでも市販・レンタルのブルーレイを再生できることを暗示しています。

この記事ではVLCメディアプレーヤーを利用して、自作・市販・レンタルのBlu-ray映画ディスクを再生する方法を紹介します。また、再生できない時の解決策も提供します。


目次


VLCで自作(暗号化なし)のBlu-rayを再生する手順

暗号化なしのBlu-rayをBlu-rayプレーヤー、Blu-rayコンボ、Blu-rayレコーダーなどのBlu-rayドライブに入れた後、VLCメディアプレーヤーを起動して、メニューの「メディア」 > 「ディスクを開く」をクリックして、表示されたディスクタブでブルーレイをチェックしてください。ディスクデバイスでBlu-ray映画を選択して、右下の「再生」ボタンをクリックすれば、暗号化なしのBlu-ray映画を再生できます。
VLCでBlu-rayディスクを開く

ご注意したいのは、ブルーレイのメニューを対応するに、パソコンでJavaをインストールする必要があります。Javaをインストールしていない場合、「Javaが必要です:このブルーレイディスクはメニューにJavaが必要です。システムにJavaが見つかりません。このディスクをメニューなしで再生します。」
VLCでBlu-ray再生のJavaエラー

ヒント1:Javaは無料です。Javaの日本語公式サイトは https://java.com/ja/download/ です。「無料Javaのダウンロード」ボタンをクリックして、Javaをダウンロードしてインストールしてください。Javaの詳しい情報はウィキペディアでJavaの説明をご覧下さい。

ヒント2:Javaをインストールしたくない場合、Blu-rayを選択した後、「ディスクメニューなし」をチェックしてから再生ボタンをクリックすれば、「Javaが必要です」というエラーメッセージを表示させないことができます。

Blu-rayの再生中、VLCのメニューから再生画面、ビデオ、オーディオ、字幕など色々な項目を設定できます。画面を右クリックしても色々な設定が表示されます。
VLCで暗号化なしのBlu-rayを再生


VLCで市販・レンタルのBlu-rayを再生する時のエラー

VLCメディアプレーヤーは市販・レンタルのBlu-ray映画ディスクに対応していないことは周知されています。暗号化なしのBlu-rayと同じ手順で再生したら、「ブルーレイエラー:このブルーレイディスクはAACSの復号ライブラリが必要ですが、あなたのシステムにはインストールされていません。」または「入力を開くことができません:VLCはMRL ‘bluray:///D:/’を開けません。詳細はログを確認してください。」のようなエラーメッセージが表示されます。この例でBlu-rayドライブは「Dドライブ」であることをご注意ください。
AACSの復号ライブラリが必要

ただし、このエラーメッセージから見ると、AACSの復号ライブラリをインストールしたら、VLCはこのBlu-rayを再生できる可能性があると暗示しました。では、AACSの複合ライブラリのインストール方法を紹介します。


VLCにAACSの複合ライブラリをインストールする方法

エラーメッセージでAACSの複合ライブラリだけを言いましたが、実際にAACSの複合ライブラリまたはキーデータベースなど二つのファイルをインストールする必要があります。この二つのファイルのダウンロード先は https://vlc-bluray.whoknowsmy.name/ です。このページにアクセスすると、下記のようなコンテンツが見えます。
VLCのAACSの復号ライブラリページ

ここで英語の説明を日本語に通訳します。ご参考ください。
Wonder how to get your VLC 3.0 to play encrypted blu-ray discs? Here’s how. → VLC 3.0で暗号化のBlu-rayディスクを再生する方法を知りたいですか。ここは詳しい情報です。
You’ll need two files: keys database and AACS dynamic library. → 二つのファイルが必要:キーデータベースやAACS複合ライブラリ

KEYS DATABASE (キーデータベース)
get the file UPDATED 25-03-2018! → ファイルを取得、2018年3月25日に更新
ここでget the fileをクリックして、「KEYDB.cfg」ファイルをダウンロードする必要があります。後、Windows、Mac OS XとLinuxの指定のフォルダに置く必要があります。

Windows: put it in C:\ProgramData\aacs\ → Windows: C:\ProgramData\aacs\ に置く。
Mac OS X: put it in ~/Library/Preferences/aacs/ (create it if it does not exist) → Mac OS X:~/Library/Preferences/aacs/ に置く。(存在しない場合手動で作成)
Linux: put it in ~/.config/aacs/ → Linux:~/.config/aacs/に置く

ヒント1:Windowsで「ProgramData」フォルダは隠しフォルダです。Windowsエクスプローラーで隠しフォルダを表示させたり、アドレス欄で「C:\ProgramData\」を入力してEnterキーを押したりすると、アクセスできます。aacsフォルダが存在しない場合、手動で作成する必要があります。

ヒント2:Mac OS XでFinderを開いて、「移動」>「フォルダへ移動」をクリックして、「~/Library/Preferences/」をコピペーしてEnterキーを押すと、すぐにフォルダを開けます。

AACS DYNAMIC LIBRARY(AACS復号ライブラリ)
UPDATED 25-03-2018! → 2018年3月25日に更新
VLC 32 bit on Windows: put that file in your VLC directory
VLC 64 bit on Windows: put that file in your VLC directory
Windows 32-bitと64-bitに応じて、 “that file”をクリックして、libaacs.dllファイルをダウンロード、VLCのインストールフォルダに置く。

Mac OS X: put that file in ~/lib directory (create it, if it does not exist)
“that file”をクリックして、libaacs.dylibファイルをダウンロード、~/libフォルダに置く。

Linux: install libaacs package using your distribution package manager.
Linux:配布パッケージマネージャを使って、libaacsパッケージをインストール。

ヒント:Windowsで32-bitまたは64-bitでも、VLCのインストール先は「C:\Program Files\VideoLAN\VLC」です。復号ライブラリlibaacs.dllファイルをここにコピーして、管理員権限のあるアカウントが必要です。

今回テスト用のBlu-ray映画ディスクはディズニー映画の「BOLT(ボルト)」です。
Blu-ray映画:Bolt(ボルト)

キーデータベースとAACS復号ライブラリをインストールしていない場合、再生できません。インストールした場合、うまく再生できました。
VCLでBlu-ray映画ボルトを再生

しかし、キーデータベースとAACS復号ライブラリをインストールしても再生できないBlu-ray映画も多いです。特に最近のBlu-ray映画です。原因は主に二つがあります。(1)キーデータベースとAACS復号ライブラリの最後更新日は2018年3月25日、それからのBlu-ray映画のコピーガードを解除するキーはありません。(2)市販・レンタルのBlu-ray映画ディスクに常にAACSコピーガードが付けますが、AACSは唯一のコピーガード技術ではありません。ディスクによって、AACSを除いて、リージョンコード、BD+、BD-Live、UOPs、Java保護、CCIなどのBlu-rayガードも付けた可能性もあります。

ですが、VLCでブルーレイを再生できない問題において、キーデータベースとAACS復号ライブラリをインストールすることは不完全なソリューションです。あらゆるBlu-ray映画を楽しみたいですか。DVDFab Passkey或いはDVDFab Blu-rayコピーを試しましょう。


VLCでBlu-rayを再生できない時の解決策1:DVDFab Passkey

DVDFab PasskeyDVDFab PasskeyはBlu-rayコピーガード除去ソフトであり、バックグラウンドで実行している場合、Blu-rayプレーヤーまたはBlu-rayレコーダーに入れた市販・レンタルのBlu-rayディスクに付けたAACS、リージョンコード、BD+、BD-Live、UOPs、CCIなど様々なコピーガードを除去できます。DVDFab PasskeyはAmazonや楽天市場から購入した市販のBlu-rayディスク、TSUTAYAやゲオから借りたレンタルのBlu-rayディスクに完璧に対応しています。

DVDFab Passkeyを実行している場合、他のBlu-ray再生ソフトと連携して動作できます。VLCメディアプレーヤーだけではなく、MPC-HC、KMPlayerなどの無料Blu-ray再生ソフトとPowerDVDなどの有料のBlu-ray再生ソフトも可能です。

DVDFab Passkeyは市販・レンタルのBlu-ray映画もDVD映画も対応しています。Windows版だけです。無料体験版は30日間全機能で利用できます。最新のWindows 10と最新リリースのBlu-ray映画に対応しています。

DVDFab Passkeyは非常に使いやすいです。DVDFab Passkeyを実行して、Blu-rayドライブに市販・レンタルのBlu-ray映画ディスクを入れたら、Blu-rayコピーガードの解除は自動的に始まります。ディスクによって、30 ~ 300秒が必要です。Blu-rayコピーガードの解除が完了した場合、設定の情報で除去したコピーガードの種類が見えます。下記の例のBlu-ray映画「King Kong(キングコング)」から除去したコピーガードはAACS、リージョンコードとJava保護(Sony DADC)などです。
PasskeyでBlu-rayコピーガードを解除

Passkeyの設定で「Blu-ray」をクリックしたら、解除可能のBlu-rayコピーガードが表示されます。
Passkeyのブルーレイコピーガード解除設定

DVDFab Passkeyを実行したまま、VLCメディアプレーヤーを起動してディスクを開けば、キーデータベースとAACS復号ライブラリをインストールしても再生できないBlu-ray映画も再生できるようになりました。下記はPasskeyの実行中、「King Kong」の再生画面です。
VLCでKing Kong(キングコング)を再生

DVDFab Passkeyのアイコンを右クリックすれば、「ハードディスクにリッピング」、「イメージファイルにリッピング」が見えます。この二つの項目をクリックして、コピーガードを解除したBlu-ray映画ディスクをパソコンにコピーして、Blu-rayフォルダまたはBlu-ray ISOイメージとして保存できます。
Passkeyを右クリック

DVDFab Passkeyは一年ライセンス、二年ライセンスと永久ライセンスなどのプランがあります。いずれも25% OFFで入手できます。

一年ライセンス | 価格:8556円 | 割引:25% | 値引き価格:6417円
永久ライセンス | 価格:13541円 | 割引:25% | 値引き価格:10156円


VLCでBlu-rayを再生できない時の解決策2:DVDFab Blu-rayコピー

DVDFab Blu-rayコピーDVDFab Blu-rayコピーはパワフルなブルーレイダビングソフトであり、AACS、BD+、リージョンコード、BD-Live、UOPs、CCIなどのコピーガードを除去できて、市販・レンタルのBlu-ray映画ディスクをブランクのBD-Rディスクにコピーできます。もちろん、パソコンに保存するBlu-rayフォルダとISOイメージにコピーすることも可能です。また、Blu-rayフォルダ、ISO/INI/IMG/NGRなどのイメージファイルをブランクのBD-Rに書き込むことも対応です。

DVDFab Blu-rayコピーにはフルディスク、メインムービー、カスタマイズ、結合とクローン・書き込みなど五つのコピーモードを用意しています。更に、DVD-5とDVD-9のDVDディスクを利用して、BD-25とBD-50をDVD-5またはDVD-9に圧縮することも可能です。

DVDFab Blu-rayコピーはスタンドアロンのBlu-rayダビングソフトではなく、DVD、Blu-ray、4K Blu-rayのコピー、作成、リッピングとCinavia保護除去など20個のモジュールを統合したDVDFabオールインワンのモジュールとして動作します。DVDFab Blu-rayコピーまたはDVDFabオールインワンも30日間全機能で体験できます。更に、DVDFab Blu-rayコピーまたはDVDFabオールインワンはWindows版とMac版もあります。最新のWindows 10とMac OS Xに対応しています。

DVDFabオールインワンを起動して、コピータブで追加ボタンをクリックして、Blu-rayドライブに入れたBlu-rayディスクは自動的に読み込まれます。その後、利用可能のBlu-rayコピーモードから一つのモードを選択します。
Blu-rayコピーモードを選択

二つのBlu-rayドライブを搭載している場合、ブランクのBD-Rをドライブにいれて、直接にBlu-ray映画ディスクをBD-Rディスクにコピーできます。もしBlu-rayドライブは一つだけの場合、ISOイメージにコピーしましょう。DVDFab Blu-rayコピーの右下の「開始」ボタンをクリックしたら、Blu-ray映画のコピーが始まります。
Blu-rayコピーを開始

これで、出力のBlu-rayディスクをパソコンのBlu-rayドライブに入れたら、VLCメディアプレーヤーを利用しても再生できます。
DVDFab Blu-rayコピーも一年ライセンス、二年ライセンスと永久ライセンスなどのプランがあります。全てのプランは25% OFFで入手できます。

一年ライセンス | 価格:8048円 | 割引:25% | 値引き価格:6036円
永久ライセンス | 価格:14756円 | 割引:25% | 値引き価格:11067円

DVDFabオールインワンはDVDFab Blu-rayコピーの上級版として、Blu-ray、DVDと4K Ultra HD Blu-rayのコピー、作成、変換とCinavia保護の除去または動画変換、YouTubeダウンロード、iOS画面録画、DRM解除 for Appleなど20個のモジュールを統合しています。DVDFabオールインワンも25% OFFで入手できます。

一年ライセンス | 価格:31608円 | 割引:25% | 値引き価格:23706円
永久ライセンス | 価格:45756円 | 割引:25% | 値引き価格:34317円


以上はVLCで自作・市販・レンタルのBlu-ray映画ディスクの再生方法の紹介です。VLCで市販・レンタルのBlu-rayを再生できない場合、DVDFab Passkey、DVDFab Blu-rayコピーまたはDVDFabオールインワンのいずれを利用しても、問題を完璧に解決できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です